So-net無料ブログ作成
検索選択

8年ぶりにDesktop PCを更新 [ASUS]

モノは、金がない時に壊れるのが常。
壊れてからじゃ遅いので、急ぎ、下調べしておいたモノを調達してきました。

結局のところ
asus-z170-ws-0.jpg
こいつにしました。

http://www.asus.com/jp/Motherboards/Z170-WS/

ASUS Z170-WS。
またASUSのWS Seriesです。
X99系にしてもよかったのですが、Xeon使うわけじゃなし、Mainboardは多少安くなっても、CPUがそんなに値差がないので、また8年ぐらい使うかもしれないことを考慮して最新のSkylakeが使えるやつにしておきました。

でもって、こいつはOver Clockできます。
電気食うけど。
いつもは、一番高いCPUを買うことはないのですが、昔ほど高くもないので、けちらずに
asus-z170-ws-1.jpg
大盤振る舞いです:-)

Intel Core i7-6700K
http://ark.intel.com/ja/products/88195/Intel-Core-i7-6700K-Processor-8M-Cache-up-to-4_20-GHz

ついでにM.2なSSDも買ってきました。
Samsung製は延長保証を5年まで延ばせるのです。
組み込み系のエンジニアなので、SSDなんて、からっきし信用していません。
wear levellingのアルゴリズム次第ですが、コントローラーの素性はSamsungが一番よろしいんじゃないかと推察しています。こればっかは、実際に搭載するNAND deviceの方式や特性に依存するので。
まあ、5年持たないだろうな。

あとは、メモリーもMainboardの限界近くまでover clockで動かせるものをチョイス。
本来、スロットを空けておく主義ではないですが、お金もないので、とりあえず32GBで我慢。
これでも2010年に更新した、トリプルチャネルな、お大名構成サーバーの24GBより多いのです(^^;

でもって、i7-6700Kにはリテールクーラーが付属していないので、買わないといけません。
#おかげで、CPUのパッケージは、えらく小さい。

今回は
asus-z170-ws-2.jpg
これをチョイス。

Thermalright Macho x2
http://www.dirac.co.jp/macho_x2/

でかいです。
I/Oパネルに当たります。
でも、Z70-WSの場合、I/Oパネル部分は覆いが無いので、ファンを外した状態で設置して、あとからファンを設置し直すと使えるようです。
なーんてテクも教えていただきました。
あと、固定回転数(かなり低速)ですが、Z170-WSだとMainboardの機能で回転数をさらに落とすことも可能なようです。

なんやかんや、保証とか付けて16万円弱。
まあ、しょうがない。

今回は、これにサーバーでも使っているLSI LogicのMegaRAID SAS9260-8iを使います。
SSDには対応していないけど、HDDぶら下げる分には、最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

さて、バックアップしたら、更新開始です!